業務用空気清浄機の人気ランキング5選!

2022/6/19

【2022年版】業務用空気清浄機のおすすめ人気ランキング5選!

オフィスや施設、店舗内のウイルス対策をしっかりと行いたい、そんな方のためにおすすめの業務用空気清浄機をご紹介します。 今回は、一度は聞いたことのある有名メーカーの人気製品をピックアップしました。 まずは、どんな特徴があるのかを確認していきましょう。 目次シャープ FU-M1400粒子や臭い対策も抜群!PM2.5にも対応ダイキン ACB50X深紫外線LEDを採用人の出入りが多いところにもおすすめダイソン Dyson Purifier Cool™空気清浄ファン自動で空気の状態を確認部屋全体を効率良く空気清浄エ ...

続きを読む

オゾン発生器の効果とは?デメリットも含めて徹底解説

2022/6/15

オゾン発生器の効果とは?デメリットも含めて徹底解説

最近注目を集めているものにオゾン発生器があります。 近年は除菌や消臭に気を遣う方が増えてきました。 これまでは、空気清浄機や除菌スプレーなどで済ませていた方も多いと思いますが、オゾン発生器はより効果的に除菌を行うための装置です。 とはいえ、新しい機械なだけに取り入れようかどうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 今回はオゾン発生器について徹底的に解説していきます。 目次オゾン発生器はどういうメカニズムで成り立っている?オゾン発生器は空気清浄機と併せて使うと効果的?オゾンは濃度が濃すぎると逆効果?新型 ...

続きを読む

空気清浄機の効果とは?使い方やお手入れ方法

2022/6/19

空気清浄機の効果とは?使い方やお手入れ方法もご紹介

新型コロナウイルスが流行するとともに、室内を密閉にすることの危険性が周知されました。 そのため、窓を開けて空気を入れ替える必要があるのですが、天気によっては難しいでしょう。 そこで需要が高まっているのが空気清浄機です。 購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は空気清浄機の効果やお手入れのやり方などについて紹介していきます。 目次空気清浄機の効果はどこまで期待できる?臭いやウイルスも空気清浄機で除去できる?空気清浄機はどうすれば効果的に使える?空気清浄機は常に使うべき?空気清浄機の ...

続きを読む

おすすめCO2センサーデバイス一覧

2022/3/10

【これが売れている!】二酸化炭素濃度計の人気売れ筋ランキング

室内や店内の空気をいつでもきれいな状態にしておくために、二酸化炭素濃度計の購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 飲食店をはじめ密になりやすい店内に二酸化炭素濃度計があるだけで、お客様にも安心して過ごしてもらえます。 ただ探してみると結構種類もあり、どれを選んだら良いのか迷ってしまうでしょう。 こちらでは、人気売れ筋の二酸化炭素濃度計をランキング形式でご紹介していきます。 目次1位 マーベル001安心して使える方式を採用見やすく色でも濃度がわかりやすい2位 CO2みるみる改リーズナブルでありなが ...

続きを読む

おすすめCO2センサーデバイス一覧

2022/3/13

二酸化炭素濃度計の価格ごとに性能を比較

まだまだ新型コロナウイルスは猛威を振るっているため、店内や室内の空気が悪くなっていないのか気になる方も多いでしょう。 どの程度空気が汚れてきているのか二酸化炭素の量でもわかるため、飲食店などでは二酸化炭素濃度計を設置する店舗が増えてきました。 こちらでは、二酸化炭素濃度計を価格ごとに性能は違うのか比較してみたのでぜひ参考にしてみてください。 目次1万円前後の二酸化炭素濃度計CO2みるみるCO2LampCO2ピピッと換気君CO2マネージャーミニ2万円前後の二酸化炭素濃度計マーベル001Wi-FiCO2センサ ...

続きを読む

窓を開けて換気をする

2022/3/13

換気をしても減らないCO2濃度。原因は何?

新型コロナウイルスが長期化する中、少しでもかからないように対策をしたいと考えている方は多いでしょう。 室内でも換気をして、空気がきれいになるように意識している方も多いのではないでしょうか。 しかし、換気をしたからといって、絶対に二酸化炭素が減るわけではありません。 こちらでは換気をしても何で二酸化炭素が減らないのか、原因について紹介していきます。 目次換気をしているはずでも二酸化炭素が残る原因暖房器具によっても変わる換気しているつもり気密性が低いのもリスク高気密で24時間換気をすると良い換気システムの音が ...

続きを読む

換気のために窓を開ける女性

2022/3/13

CO2濃度と健康にはどのような関係があるの?基準値を超えるとどうなる?

換気をすることなく閉め切った室内に長くいると、CO2(二酸化炭素)濃度が徐々に上がっていきます。 CO2濃度が高くなると健康に悪い影響を及ぼす可能性があるために、空気を入れ替える必要が出てきます。 特に大勢の人がいる場合は、意識的に換気を行う必要があるでしょう。 では、CO2濃度の基準値を超えると、具体的にどのような影響があるのでしょうか。 目次安全なCO2濃度基準値を超えるとどうなるのかCO2濃度と作業効率なぜCO2濃度が高くなると健康に良くないのかまとめ 安全なCO2濃度 空気中のCO2濃度は400p ...

続きを読む

おすすめパルスオキシメーター

2022/2/17

パルスオキシメーターは価格によって違いがある?安いパルスオキシメーターと比べてみた

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自宅療養者の増加で、入院の要否の目安となる酸素濃度を測るパルスオキシメーターの需要が高まっています。 自治体から無料配布される場合や訪問診療をしてくれる医師が持参してくれるケースもありますが、万が一の感染に備え、購入する一般の方も増えてきました。 もっとも、いざ購入しようと思うと価格もピンキリで迷われるかもしれません。 品質を求めるなら高価格なものが良いのか、それとも単純に価格では比較できないのか、価格の違いの生まれ方や安いパルスオキシメーターとの違いを見ていきましょう。 ...

続きを読む

NDIR方式CO2センサーハザビュー
エアコンの電気代が最大50%も下げられるってホントですか?

マニュアル

なぜ換気に二酸化炭素濃度計(CO2センサー)が必要なのか?

二酸化炭素濃度計を使って換気をする

新型コロナウイルス感染防止対策として、2020年11月5日の西村大臣の会見では、換気状態を確認するため二酸化炭素濃度計による計測の必要性が話されました。

これは新型コロナウイルス感染の危険が高まる条件「三密」、その中でも特に「密閉」を解消するためです。

はしかや結核と異なり、新型コロナウイルスの空気感染は報告されていません。

しかし、感染者より放たれた飛沫は短時間ではあるものの空気中を漂うことがあり、それを吸い込み感染してしまうおそれがあります。

ライブハウスやスポーツジムなどで集団感染が起こったのも、それらの空間は基本的に空気があまり入れ換わらず、感染源になり得る飛沫が同じ場所で漂い続けやすいからです。

そういった状況を少しでもなくすために現在換気が推奨されています。

生活に大きな変化が起きている現在、実施すべき新型コロナウイルス感染防止対策はいくつかありますが、換気における二酸化炭素濃度計の必要性はどこにあるのでしょうか。

二酸化炭素濃度をどのように測るのか

空気中の酸素濃度を表す際に使われる単位はppm(パーツ・パー・ミリオン、100万分のいくらかという意味)です。

大気中における二酸化炭素の割合は0.040%つまり400ppmですが、密室だと人間の呼吸によって徐々に濃度が高まっていきます。

あまりにも二酸化炭素濃度が高まると健康面や衛生面に影響が及ぶため、建築基準法では延床面積が平方3,000m以上ある建物は二酸化炭素濃度が1,000ppmを超えないよう定められているのです。

これはあくまでデパートのような大型施設を対象にしたものではありますが、公的機関はこれを良好な換気状態の基準として、延床面積に限らず適応するよう推し進めています。

二酸化炭素は特定の波長の赤外線を吸収する特性を持っており、それを利用して濃度を計測します。

二酸化炭素濃度計(CO2センサー)とは

二酸化炭素濃度計は、空気中の二酸化炭素濃度を測り、数値として表すことのできる装置です。

主流は赤外線センサーを搭載したもので、無色無臭の二酸化炭素を検知できる性能を持っています。

二酸化炭素は、赤外線の領域にある一部の波長の光を吸収する特性を持っていて、空気中を透過する赤外線量をセンシングすることで濃度を数値化することが可能です。

非分散型赤外線 (NDIR)検出方式と言い、これを利用したものを光学式と言います。

ほかにも電気化学式や半導体式などといったタイプがありますが、リーズナブルで使いやすい光学式は一般に入手しやすく、インターネット通販などでも購入可能です。

二酸化炭素濃度計は二酸化炭素濃度測定器やCO2濃度計やCO2モニター、CO2センサーなどの名称で呼ばれていることがあり、また卓上タイプや壁掛けタイプなど種類もさまざまです。飲食店だけでなくオフィスや一般家庭でも使いやすいタイプが多くあります。

SCD30のCO2センサー
二酸化炭素濃度計の「NDIR方式」とは?原理をわかりやすく解説
新型コロナウイルス感染防止対策のガイドラインは、内閣官房の新型コロナウイルス感染症対策推進室のホームページに掲載されています。 店舗などでは二酸化炭素濃度計を設置し、二酸化炭素をモニターしたうえで適切 ...

なぜ新型コロナ感染防止対策に二酸化炭素濃度計が必要なのか

西村大臣は会見で、新型コロナ感染防止対策として二酸化炭素濃度計でCO2濃度を測定し、空気の入れ換え状況を確認していくことが検討会で議論されていると話されました。

その後2020年11月9日に行われた政府分科会の尾身会長の会見においても、換気状態を確認するためCO2濃度を計測する必要性があることが話されています。

これは寒冷地域で窓を開けての入れ換えが難しい状況を考慮してのことでしたが、飲食店などで可能な場合は二酸化炭素濃度計を設置し、適切な空気の入れ換えで1,000ppm以下を維持することがポイントだという内容でした。

もともと厚生労働省は良好な換気状態の基準として、二酸化炭素濃度1,000ppm以下をビル管理法に定めています。

空気環境には衛生基準があり、満たされていれば換気の悪い空間には当てはまらず、新型コロナ感染のリスク要因の一つを抑制する期待があるということです。

ただし、換気の悪い密閉空間はリスク要因の一つであり、たとえ適切に空気を入れ換えても感染を確実に予防できるというわけではないとしています。

とはいえ、1人あたり1時間に30㎥という必要換気量が実際に確保できているかどうか、目に見えず臭いもしない二酸化炭素の状況を正確に把握することは困難なため、数値化できることは有効な手段です。

二酸化炭素濃度計は人体に悪影響を及ぼす二酸化炭素の濃度を見える化し、正しい換気につなげる目安になることは間違いありません

二酸化炭素のリスクとは

前述したとおり、そもそもビル管理法(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)では空気環境に基準を設けています。

それが二酸化炭素の含有率100万分の1000以下(=1,000ppm)以下というものです。

その環境が新型コロナ感染防止対策においても有効であろうと分科会において推測されているわけですが、それにかかわらず二酸化炭素濃度が人体へ影響を及ぼすことは周知の事実です。

二酸化炭素は人の呼吸によって排出されますが、少量であれば人体に影響は見られないものの、濃度が高くなると、健康被害をもたらします。

症状としては頭痛や倦怠感、耳鳴りなどが現れることもあり、室内空気汚染の指標の一つにも用いられています。

数年前から人の多いオフィスで働いているとひどい眠気に襲われたり、息苦しさを覚えたりするという訴えが少なくありませんでした。

新型コロナ感染防止対策だけでなく、二酸化炭素による健康被害を起こさないためにも、飲食店だけでなくオフィスや一般家庭で濃度を測り適切に換気することは大切です。

効果的な換気方法とは

新型コロナ感染症は人から人に移る感染症であり、呼吸によって空気中に吐き出されるウイルスを含んだ細かい飛沫(エアロゾル)を吸ってしまうことで感染リスクが高まります

常に自分の周りの空気を入れ換えておくことが大切ですが、効果的に換気するためには工夫も必要です。

飲食店やオフィスでは、窓がない、もしくは窓を開けられない環境もありますので、そうした場合は換気扇を有効活用しましょう。

換気には窓などから風を入れて自然に空気を入れ換える自然換気と送風機や換気扇で強制的に入れ換える機械換気とがあります。

いずれも部屋の中の空気を外気と入れ換える有効な方法であり、新型コロナ感染症対策にも有効です。

窓が複数あるなら1時間に1回5分程度2ヶ所以上開けることで機能しますが、換気扇も回すと漫然と窓を開けるより空気の流れを作ることができます。

基本は対角線上にある窓を開け、流れ込んでくる方を15cmほど、出ていくほうをそれ以上大きく開けることで流れを強めることができます。

また高低差があれば温度差を利用するのも良いでしょう。

窓が複数ない場合は開けた窓に向けてサーキュレーターを回すことで強制的に空気を入れ換えることもできます。

窓がまったくないなら換気扇が一番ですが、あわせて入口を開け、入口の外へ向けてサーキュレーターを回すとより効果的です。

ただし、飲食店やオフィスは特に換気扇の定期的なメンテナンスは重要です。

設備の寿命は10年から15年ですが、常時つけていると短くなる場合もあります。

急に動かなくなっても困りますが、異音がする場合、すでにかなり吸込力が落ちている懸念があるでしょう。

きちんとファンのホコリ掃除を行い、業者にメンテナンスを依頼することも大切です。

窓を開ける女性
新型コロナ感染症対策「換気」のポイント
このページでは新型コロナ感染症対策としての「換気」について紹介しています。新型コロナ感染症(COVID-19)感染拡大原因のひとつとなっているのが空気感染です。室内では適宜換気し、空気感染リスクを下げ ...

まとめ

二酸化炭素濃度計を使うことでより効率的な換気ができるということはご理解いただけたと思いますが、いざ換気をするといって具体的にどうやるのかイメージしにくいものです。

そこで図解でわかる正しい換気方法を資料にまとめました

二酸化炭素濃度計以外にも換気対策に効果的なグッズも紹介しております。

「無料ダウンロードはこちら」のボタンから「正しい換気方法」の資料をダウンロードし、日々換気改善にお役立てください。

効果的な換気の方法や対策グッズをご紹介!正しい換気方法
無料ダウンロードはこちら
二酸化炭素濃度計の特徴と効果を解説
コロナ対策で大注目!二酸化炭素濃度計(CO2センサー)の特徴と効果を解説
2019年の末から現在まで続く新型コロナウイルスの感染拡大、ワクチンが普及しだしたとはいえ、油断のならない日々が現在も続いています いわゆるクラスターの発生を防止するためには、密接・密集・密閉の「三密 ...

続きを見る

複数の部屋に設置するならhazaviewがおすすめ

換気アラートシステムhazaviewなら複数の部屋に設置した二酸化炭素濃度計のデータを1つの画面で確認できます。

世界最高水準の高精度の二酸化炭素濃度計なので精度も安心。

アラート検知も画面、音、メール、パトライトなど様々な方法でお知らせすることができます。

無料でデモ申込みもできますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

hazaviewの詳細をみる

2022年最新版二酸化炭素濃度計おすすめ11選!
《2022年》二酸化炭素濃度計おすすめ11選! | 換気対策
新型コロナ感染症対策として有効な高精度でおすすめの「二酸化炭素濃度計(CO2センサー)」について紹介しています。 新型コロナ感染症(COVID-19)感染の大きな原因としてに空気感染があります。 特に ...

感染症対策に換気は必須

多くの事業者が感染対策として実施しているのは、「マスクの着用」「体温チェック」「消毒」ですが、実は換気をしないと他者へ感染させてしまう可能性が、18.7倍も上がることが論文で発表されています。

換気に関する正しい知識を身につけて、クラスターを発生させない換気対策を実施しましょう。

→換気とクラスターの関係性について詳細を読む

換気対策には厚労省推奨精度の二酸化炭素濃度計hazaviewを

産業用途にも用いられる最新鋭のスイス製・高性能センサーNDIR方式デュアルビームセンサーを採用し、日本国内で製造。厚生労働省の厳しい要求仕様を唯一満たすことができる世界最高峰の測定精度に仕上がりました。

安価な製品でよくある、誤差が大きくて実は換気基準を大幅に超えていた、十分換気をしているのにアラートが出るといったこともないので、安心して利用でき、また無駄な換気も防いで電気代も大幅に節約できます。


hazaviewの詳細はコチラ

NDIR方式CO2センサーハザビュー
エアコンの電気代が最大50%も下げられるってホントですか?

おすすめ記事

2022年最新版二酸化炭素濃度計おすすめ11選! 1
新型コロナ感染症対策として有効な高精度でおすすめの「二酸化炭素濃度計(CO2センサー)」について紹介しています。 新型コロナ感染症(COVID-19)感染の大きな原因としてに空気感染があります。 特に ...
二酸化炭素濃度計の特徴と効果を解説 2
2019年の末から現在まで続く新型コロナウイルスの感染拡大、ワクチンが普及しだしたとはいえ、油断のならない日々が現在も続いています いわゆるクラスターの発生を防止するためには、密接・密集・密閉の「三密 ...
粗悪品CO2センサーの検証 3
二酸化炭素濃度計を利用している人も多いのではないでしょうか。 少し前まではこのような商品を利用する人も少なかったのですが、コロナが原因となって、利用する人が増えてきました。 しかし、5,000円以下の ...

© 2021 cynaps.Inc