二酸化炭素濃度計が10名様に当たるTwitterキャンペーン実施中

マニュアル

感染症対策で必要な換気の時間目安とその基準について

換気扇で部屋の換気をする

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染症対策で必要とされるのが「換気」です。
室内で適宜換気することにより感染リスクを下げることができるとされていますが、時間の目安や基準がなく正しい換気ができているか不安に感じる人は少なくありません。
ここでは換気について目安となる基準や二酸化炭素濃度計についてまとめます。

必要な換気時間とは?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として換気が有効とされていますが、その頻度は2時間に1回、5~10分程度とされています。
ただし、換気は時間より回数を増やしたほうがより効率的であり、可能な限り頻度を高めたほうが良いことは間違いありません。
たとえば2時間おきではなく3時間おきに20分換気するより、1時間おきに5分換気するほうが回数が増える分効果的です。
季節花粉症であまり窓を開けたくない、外気を長時間入れたくないという場合、回数を増やすことで1回に開ける時間を短くするというのも良い方法となっています。
また、換気時の効果をより高めるために、なるべく部屋の中を空気が素早く通り抜けやすい環境にしておくのも効果的です。
たとえば、家具がたくさん詰め込まれた部屋より、何も置いていない部屋のほうが空気の抜けが良いことは想像に難くありません。
実際には生活空間に何も物が置いてない状態にすることはできませんが、より効率的に換気するため、家具同士の隙間を作る、壁から離して置くといった工夫はとても大切です。

二酸化炭素濃度が目安になる

新型コロナウイルス感染症対策分科会では、飲食業の指標として「二酸化炭素濃度測定器を用いて店内を測定し、二酸化炭素濃度が一定水準(目安1,000ppm)を超えないように換気や収容人数を調整する」と提言しました。
新型コロナウイルス感染症は人から人に移る感染症ですので、人の呼気に含まれるウイルスを含んだ細かい飛沫(エアロゾル)を滞留させないことが重要です。
つまり人の吐く二酸化炭素を測定し、数値が高くなる前に空気を入れ換えることでリスクを減らすことができるというのが、この提言の主旨です。
二酸化炭素濃度計(CO2センサー)はインターネット通販などでも購入できますので、飲食店に限らず入手することはできます。
もとから厚生労働省の建築物環境衛生管理基準では二酸化炭素は1,000ppm以下とされており、外気中のCO2濃度はおおむね400ppm前後なので、1,000ppmとなると2倍を超える濃度です。
部屋の中の人数が多ければ多いほど数値は上がりますし、夜寝ている間寝室の中の濃度は非常に高くなりますので、数値を見ながら可能な限り空気が抜ける状況を作ることが大切です。

二酸化炭素濃度が上がるとどうなるのか

建築法に定めがあるように、新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、部屋の中の二酸化炭素濃度が高くなることはリスクです。
人が生きるために呼吸は欠かせませんが、ご存知の通り人は酸素を吸って二酸化炭素を吐き出しています。
つまり二酸化炭素は人の体内に不必要なものであり、室内で換気を行わないと二酸化炭素濃度がどんどん上がり健康に悪影響が及ぶのです。
症状としては頭痛や眠気、倦怠感などが現れることもあり、不快感を感じるだけでなく、風邪やインフルエンザなどに感染しやすい状況を作ってしまうことになります。
こうしたことを避けるため、建築基準法では二酸化炭素濃度(CO2濃度)1,000ppm以下が基準となっているのです。
これを守るためには1人あたり1時間に30立方メートルの換気量が必要とされていますが、この量を必要換気量と言い、部屋の広さや人数が換気に深く関係することを意味しています。
二酸化炭素濃度計は、二酸化炭素が特定の波長の赤外線を吸収する特性を利用して行う光学式が主流です。
測りたい場所に二酸化炭素濃度計を置くだけで計測できますので、使いやすさからも光学式の二酸化炭素濃度計は広く普及していると言えるでしょう。
デザインもさまざまで卓上に置けるものや壁掛けのものもあり、とてもコンパクトです。
目安としては1,000ppm以下がクリーンな状態、1,500ppmは時々窓を開けて換気すれば良く、これを超えるのは大変危険だと言えます。

二酸化炭素濃度計|おすすめ
《2021年》二酸化炭素濃度計おすすめ11選! | 厚生労働省推奨基準
はじめにこのページでは新型コロナ感染症対策として有効な高精度でおすすめの「二酸化炭素濃度計(CO2センサー)」について紹介しています。新型コロナ感染症(COVID-19)感染の大きな原因としてに空気感 ...

効果的に換気するには

空気が通り抜けやすくするには、部屋の対角を開放するのが一番効果的です。
1時間ごとに5分ほど対角のドアや窓を開けると、とても効率的に空気の入れ換えができるので実施しましょう。
また空気の動きを活発にする工夫としては、入口を小さく、出口を大きくするのが効果的です。
風のない日などは窓を開けてもなかなか新鮮な空気が入ってこないように感じますが、対角に小さい隙間を空け、反対側を大きく開けることで空気を引き込むことが可能となります。
ただし、これは入口が2ヶ所ある場合に限りますので、窓が1つしかない部屋や窓がない部屋では困る状況です。
もし窓が1つあるなら、入口のドアと窓を開けてサーキュレーターなどを窓の外側へ向け、強制排気しましょう。
部屋の中側へ向けてしまうと、部屋の中の空気が外に出ないので注意が必要です。
窓がない場合は入口のドアを開けて、サーキュレーターなどをドアの前に置いて廊下などへ向けて強制排気してください。
その場合、キッチンや浴室などにある換気扇も回し、家の中の空気を強制的に外に出すことも重要です。
環境に応じて空気の通り道をうまく作ることで、効率的な換気を行うことができます。

二酸化炭素濃度計が10名様に当たるTwitterキャンペーン実施中

-マニュアル
-

© 2021 cynaps.Inc