非接触体温計

2021/10/11

【2021年おすすめ】非接触体温計5選!正確に測れる日本の製品を厳選

額などで簡単に体温を測ることができる非接触体温計は、会社や店舗、歯科医院などのさまざまな場所で新型コロナウイルス感染対策の一環として活躍しています。 お子様も毎日学校前に検温をするなどで、すぐに体温を測れる非接触体温計のニーズが家庭内にも広がっているのです。 今回は精度の高い日本製の非接触体温計を厳選して5点ご紹介します。 目次非接触体温計のメリット非接触体温計の選び方非接触体温計おすすめ5選ちゃいなび 日本メーカー非接触型体温計 JPD-FR409-Cdretec TO-402 非接触スキャン体温計アイ ...

続きを読む

サーキュレーターで換気対策

2021/10/11

【2021年おすすめ】コロナウイルス対策に役立つ換気におすすめのサーキュレーター5選

新型コロナウイルス対策として欠かせないのが室内の換気です。 換気は窓をこまめに開けるだけでなく、サーキュレーターを使用することでより効率的に換気を行うことができるので日本でも注目されています。 今回はコロナ対策におすすめのサーキュレーターを5つ厳選してご紹介しましょう。 目次サーキュレーターとは換気を目的とするサーキュレーターの活用方法おすすめのサーキュレーターの選び方とはおすすめのサーキュレーター5選アイリスオーヤマサーキュレーター PCF-SC15TAmazon限定ブランド PSE認証済み HM-XH ...

続きを読む

PCR検査キット

2021/9/17

【2021年おすすめ】安心を得られるおすすめPCR検査キット5選

全国で猛威をふるっている新型コロナウイルスですが、全国で第5波から過去最高のコロナ感染者を出し、感染が治まることがありません。 不要不急の外出を止めるといっても仕事をしないわけにはいかない、学校に行かざるを得ないという実態があります。 感染予防をしていても、今やもう誰にどの時点で感染するかわからない状況です。 そんな中、やむを得ない帰省や出張などで長期間移動をしなければならない方もいらっしゃいます。 このときに活躍するのがPCR検査キットです。 新型コロナウイルス感染の有無に役立つおすすめの検査キットを5 ...

続きを読む

粗悪品CO2センサーの検証

2021/9/15

偽物注意!二酸化炭素濃度計の粗悪品の見分け方を解説

二酸化炭素濃度計を利用している人も多いのではないでしょうか。 少し前まではこのような商品を利用する人も少なかったのですが、コロナが原因となって、利用する人が増えてきました。 しかし、5,000円以下の商品を利用している場合は、本当に正しく二酸化炭素を計測できているのか確認したほうが良いかもしれません。 とても悲しい話ですが、粗悪品や偽物が多数出回っているのが現状なのです。 そこで今回は、使っている二酸化炭素濃度計が粗悪品でないか、見分け方をご紹介していきます。 目次二酸化炭素濃度計の粗悪品の見分け方5,0 ...

続きを読む

二酸化炭素濃度計の特徴と効果を解説

2021/9/27

コロナ対策で大注目!二酸化炭素濃度計(CO2センサー)の特徴と効果を解説

2019年の末から現在まで続く新型コロナウイルスの感染拡大、ワクチンが普及しだしたとはいえ、油断のならない日々が現在も続いています いわゆるクラスターの発生を防止するためには、密接・密集・密閉の「三密」を避けることが重要であり、特に密室の回避には換気が不可欠です。 今回は二酸化炭素濃度計(CO2センサー)について、そもそもどういった機械なのか、なぜ換気の際に必要なのか、どのような種類があるのかなどについて解説していきます。 目次二酸化炭素濃度計(CO2センサー)とはなにかなぜ換気に二酸化炭素濃度計(CO2 ...

続きを読む

おすすめパルスオキシメーター

2021/8/26

【2021年おすすめ】高精度なパルスオキシメーター11選!新型コロナ自宅療養対策

新型コロナの重症化をいち早く察知できるツールとして近年大きく注目を集めているのが、血中の酸素濃度を測るために用いられるパルスオキシメーターです。 新型コロナは重症化すると肺炎を起こす危険性のある感染症であり、パルスオキシメーターを使うことで新型コロナ患者の方が重症化しているか否かを調べるのに活用することができます。 今回は自宅療養時にも役立つ高精度でおすすめのパルスオキシメーターを厳選してご紹介します。 目次パルスオキシメーターを使って判定できる重症度合い厚生労働省が示す新型コロナ感染症重症度評価基準厚生 ...

続きを読む

パルスオキシメーターで新型コロナの重症化をチェック

2021/6/5

新型コロナ感染者の重症化を検知できるパルスオキシメーターとは

2020年以降日本で感染拡大を続けている新型コロナウイルスは、いまだ収まることなく全国にまん延している状況です。 そして現在、医療従事者や高齢者のコロナワクチン接種が進められていますが、変異株も続々と出てきています。 新型コロナウイルスというとほかのウイルスと比べて重症化しやすい恐ろしい病気です。 重症化すると命の危険もあるため、呼吸状態が悪くなって重症化していないか否かを判断することが非常に重要となります。 そこでその指標として活用されているのがパルスオキシメーターです。 今回はコロナ患者に使用するパル ...

続きを読む

感染症対策をした飲食店

2021/6/4

感染防止対策を徹底するための飲食店の第三者認証者制度の必要性と有効性や活用について

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、感染拡大の一因として会食による飛沫感染などが問題となっています。 営業自粛や三密の回避、ソーシャルディスタンスの確保など感染症対策の推進が呼びかけられる一方、飲食店の経営をいかに維持させるかも社会的な課題です。 効果的な感染症対策の推進、飲食店の経営を支援し、国民が安心できる飲食店を選ぶことができるよう、第三者認証者制度の導入が推奨されています。 どのような制度なのか、詳しくご紹介します。 目次第三者認証者制度導入の背景第三者認証者制度の主なポイントパーティショ ...

続きを読む

ニュース

マスクがどうしてもつけられない!感染症対策に揺れる事情をもつ人々

マスクで肌荒れに悩む女性

感染症対策として、今では外せなくなったマスク。

街行く多くの人のマスク姿は、おなじみの光景となりました。

買い物や食事に行ったときにも、入り口でマスク着用の注意書きを必ず目にしますよね。

しかし、その感染症対策としてのマスクがどうしてもつけられない人がいるということをご存じでしょうか。

日々更新される感染拡大情報を目にして、マスクがつけられないなんて!と思われる方も少なくないかもしれません。

なぜ、マスクがつけられないのか、その理由や対策について調べてみました。

マスクがつけられない事情とは

マスクがつけられないという背景について考えてみましょう。

衣服と同じように、マスクも外からの刺激の1つになります。

人によっては、その刺激によってさまざま症状につながるケースがあります。

ここでは、マスクがつけられない事情について確認をしていきます。

皮膚の病気

紙、不織布、布など、マスクには様々な素材を使用されています。

特に顔の皮膚は敏感なので、ちょっとした刺激でも、肌が弱い人にとってはトラブルの原因になることも。

特に汗をかく季節になると、汗とマスクとで普段よりも大きな刺激になってしまうことがあるようです。

呼吸器

マスクを着けたまま体を動かすと、普段よりも息苦しさを感じることがありますよね。

呼吸器の疾患を抱える人にとっては、息苦しさが重篤なトラブルのきっかけになる場合もあります。

特にマスクは口と鼻をふさぐ形になるので、呼吸が普段よりもしづらく、うまく呼吸ができないことにより、体内に適切な酸素が入らず、様々な症状を引き起こすきっかけになってしまうことがあるようです。

発達障害

目や耳、皮膚で受け取った情報を認識しているのは脳になります。音や光といった情報を感じられるのは脳の働きによります。脳の認識次第で、感覚は変わってきます。

顔につけるマスクの感覚は、脳の中で強い反応となり、感覚過敏など発達障害を抱える人にとってはつらい症状となることがあります。ずっとつけていることにより症状が強くなり、どうしてもマスクがつけられない状況に陥ってしまう場合があるようです。感覚過敏については、認知症やうつ病を抱える人にも見られる症状の1つと言われています。

このほか、聴覚に障害がある方は、表情や口元を見てコミュニケーションを図るためにマスクを外していたり、日本小児科学会は、2歳以下の子どものマスク着用に警鐘を鳴らしています。このように様々な事情でマスクがつけられない人は多く存在しています。

周囲の反応

このような事情を抱える人に対して、周囲はどのような反応をしているのでしょう。

多くは、感染症対策に対応できていない、わがままととらえられる場合が多いようです。

買い物でお店に入ると白い目で見られることも。

我慢ができない、周囲に協力できないなど、否定的にみられがちのようです。

ひどい反応では、SNSで拡散されるといったこともあるそうです。

同調圧力が強い日本では、厳しい反応が多いのかもしれないですね。

現状での対応策

どうしてもマスクをつけられない事情を抱えた人は、現在の感染症対策の中でどのように対応しているのでしょうか。

こうした事情を抱える人に対して、自治体や個人で対応策をとっているところもあります。

具体的な対策について、見ていきましょう。

意思表示カード

自治体などでは、マスクがつけられない人理由がわかる意思表示カードを配布しているところがあります。バッジにして配布しているところもあるので、衣服やバッグなどに身に着けることで、周囲の人に理解を示すことができます。

また、データをダウンロードして、自分で印刷して使えるようにしているサイトもあります。

扇子マスク

どうしてもマスクをつけられない人のために、肌に触れない「せんすマスク」が開発されました。扇子状で、手に持つ形で、人と接するときには口元に持ってきて、飛沫が飛ぶのを防ぐ効果があります。アルコール消毒や水拭きができるので衛生的で、肌に触れないので、マスクがつけられない人の感染症対策グッズとして注目されています。

このほか、厚生労働省のサイトでも、マスクがつけられない人に対する理解を呼び掛けています。

まとめ

感染症対策が叫ばれる中、どうしてもマスクをつけることができないという人は少なくありません。その背景には様々な事情があります。そして、マスクをつけるだけが感染症対策ではありません。多くの人が過ごす社会の中で、どうしてもマスクをつけられない事情がある人がいるということ、そういった事情を抱える人に対しての理解を進めることも感染症対策を進める中で大事なことと言えます。社会の中で生きづらさを抱える人が一人でも減ることが、快適な社会生活を送る一歩になるということを考えて、周囲の方と理解を進められるといいですね。

NDIR方式CO2センサーハザビュー

おすすめ記事

二酸化炭素濃度計おすすめ11選 1
新型コロナ感染症対策として有効な高精度でおすすめの「二酸化炭素濃度計(CO2センサー)」について紹介しています。 新型コロナ感染症(COVID-19)感染の大きな原因としてに空気感染があります。 特に ...
二酸化炭素濃度計の特徴と効果を解説 2
2019年の末から現在まで続く新型コロナウイルスの感染拡大、ワクチンが普及しだしたとはいえ、油断のならない日々が現在も続いています いわゆるクラスターの発生を防止するためには、密接・密集・密閉の「三密 ...
粗悪品CO2センサーの検証 3
二酸化炭素濃度計を利用している人も多いのではないでしょうか。 少し前まではこのような商品を利用する人も少なかったのですが、コロナが原因となって、利用する人が増えてきました。 しかし、5,000円以下の ...

© 2021 cynaps.Inc