非接触体温計

2021/10/11

【2021年おすすめ】非接触体温計5選!正確に測れる日本の製品を厳選

額などで簡単に体温を測ることができる非接触体温計は、会社や店舗、歯科医院などのさまざまな場所で新型コロナウイルス感染対策の一環として活躍しています。 お子様も毎日学校前に検温をするなどで、すぐに体温を測れる非接触体温計のニーズが家庭内にも広がっているのです。 今回は精度の高い日本製の非接触体温計を厳選して5点ご紹介します。 目次非接触体温計のメリット非接触体温計の選び方非接触体温計おすすめ5選ちゃいなび 日本メーカー非接触型体温計 JPD-FR409-Cdretec TO-402 非接触スキャン体温計アイ ...

続きを読む

サーキュレーターで換気対策

2021/10/11

【2021年おすすめ】コロナウイルス対策に役立つ換気におすすめのサーキュレーター5選

新型コロナウイルス対策として欠かせないのが室内の換気です。 換気は窓をこまめに開けるだけでなく、サーキュレーターを使用することでより効率的に換気を行うことができるので日本でも注目されています。 今回はコロナ対策におすすめのサーキュレーターを5つ厳選してご紹介しましょう。 目次サーキュレーターとは換気を目的とするサーキュレーターの活用方法おすすめのサーキュレーターの選び方とはおすすめのサーキュレーター5選アイリスオーヤマサーキュレーター PCF-SC15TAmazon限定ブランド PSE認証済み HM-XH ...

続きを読む

PCR検査キット

2021/9/17

【2021年おすすめ】安心を得られるおすすめPCR検査キット5選

全国で猛威をふるっている新型コロナウイルスですが、全国で第5波から過去最高のコロナ感染者を出し、感染が治まることがありません。 不要不急の外出を止めるといっても仕事をしないわけにはいかない、学校に行かざるを得ないという実態があります。 感染予防をしていても、今やもう誰にどの時点で感染するかわからない状況です。 そんな中、やむを得ない帰省や出張などで長期間移動をしなければならない方もいらっしゃいます。 このときに活躍するのがPCR検査キットです。 新型コロナウイルス感染の有無に役立つおすすめの検査キットを5 ...

続きを読む

粗悪品CO2センサーの検証

2021/9/15

偽物注意!二酸化炭素濃度計の粗悪品の見分け方を解説

二酸化炭素濃度計を利用している人も多いのではないでしょうか。 少し前まではこのような商品を利用する人も少なかったのですが、コロナが原因となって、利用する人が増えてきました。 しかし、5,000円以下の商品を利用している場合は、本当に正しく二酸化炭素を計測できているのか確認したほうが良いかもしれません。 とても悲しい話ですが、粗悪品や偽物が多数出回っているのが現状なのです。 そこで今回は、使っている二酸化炭素濃度計が粗悪品でないか、見分け方をご紹介していきます。 目次二酸化炭素濃度計の粗悪品の見分け方5,0 ...

続きを読む

二酸化炭素濃度計の特徴と効果を解説

2021/9/27

コロナ対策で大注目!二酸化炭素濃度計(CO2センサー)の特徴と効果を解説

2019年の末から現在まで続く新型コロナウイルスの感染拡大、ワクチンが普及しだしたとはいえ、油断のならない日々が現在も続いています いわゆるクラスターの発生を防止するためには、密接・密集・密閉の「三密」を避けることが重要であり、特に密室の回避には換気が不可欠です。 今回は二酸化炭素濃度計(CO2センサー)について、そもそもどういった機械なのか、なぜ換気の際に必要なのか、どのような種類があるのかなどについて解説していきます。 目次二酸化炭素濃度計(CO2センサー)とはなにかなぜ換気に二酸化炭素濃度計(CO2 ...

続きを読む

おすすめパルスオキシメーター

2021/8/26

【2021年おすすめ】高精度なパルスオキシメーター11選!新型コロナ自宅療養対策

新型コロナの重症化をいち早く察知できるツールとして近年大きく注目を集めているのが、血中の酸素濃度を測るために用いられるパルスオキシメーターです。 新型コロナは重症化すると肺炎を起こす危険性のある感染症であり、パルスオキシメーターを使うことで新型コロナ患者の方が重症化しているか否かを調べるのに活用することができます。 今回は自宅療養時にも役立つ高精度でおすすめのパルスオキシメーターを厳選してご紹介します。 目次パルスオキシメーターを使って判定できる重症度合い厚生労働省が示す新型コロナ感染症重症度評価基準厚生 ...

続きを読む

パルスオキシメーターで新型コロナの重症化をチェック

2021/6/5

新型コロナ感染者の重症化を検知できるパルスオキシメーターとは

2020年以降日本で感染拡大を続けている新型コロナウイルスは、いまだ収まることなく全国にまん延している状況です。 そして現在、医療従事者や高齢者のコロナワクチン接種が進められていますが、変異株も続々と出てきています。 新型コロナウイルスというとほかのウイルスと比べて重症化しやすい恐ろしい病気です。 重症化すると命の危険もあるため、呼吸状態が悪くなって重症化していないか否かを判断することが非常に重要となります。 そこでその指標として活用されているのがパルスオキシメーターです。 今回はコロナ患者に使用するパル ...

続きを読む

感染症対策をした飲食店

2021/6/4

感染防止対策を徹底するための飲食店の第三者認証者制度の必要性と有効性や活用について

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、感染拡大の一因として会食による飛沫感染などが問題となっています。 営業自粛や三密の回避、ソーシャルディスタンスの確保など感染症対策の推進が呼びかけられる一方、飲食店の経営をいかに維持させるかも社会的な課題です。 効果的な感染症対策の推進、飲食店の経営を支援し、国民が安心できる飲食店を選ぶことができるよう、第三者認証者制度の導入が推奨されています。 どのような制度なのか、詳しくご紹介します。 目次第三者認証者制度導入の背景第三者認証者制度の主なポイントパーティショ ...

続きを読む

vease

その他 マニュアル

新型コロナウイルス感染拡大予防で使われるマスクの効果はどのくらい?

様々な種類のマスク

新型コロナウイルスは、2020年世界で猛威を振るい、今もなお感染拡大が懸念され第4波到来かと言われているほどです。

2021年4月にはとうとう東京を抜いて大阪が1日の感染者数1,000人を突破し、大阪府も窮地に立たされています。

まず感染を予防するには個人の意識と対策が重要になります。

業種別の新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン

新型コロナウイルスは、重症化しやすいだけでなく感染リスクが非常に高いことでも知られています。

家族間で感染してしまった場合や勤務先や学校、お店などでクラスターが起きることで感染が次々と拡大を起こしこれまでにも幾度となくパンデミック状態となってきました。

そこで政府では感染の再拡大を予防するために業種別の新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを徹底し公示されています。

換気の悪い「密閉空間」、多数の人が集う「密集場所」、間近で会話や発声する「密接場面」の3つの密を回避し、屋内施設などで多くの人々が集まるような環境の発生を防止する対策が示されているのです。

また、密にならないように換気を行うことで密閉空間になることを防ぎ、また従業員や顧客など一人ひとりにマスクの常時着用や手指の消毒や手洗いの徹底を促すように感染症対策を示しています。

業種別の感染予防対策ガイドラインをまとめた記事もありますので、ご確認ください。

個人レベルでマスクの着用を徹底

企業や団体など業種別のガイドラインで、従業員などのマスク常時着用を呼びかけられていますが、業種にかかわらず個人でマスク着用の意識を高めていく必要があります。

緊急事態宣言が解除されたことで全国では一気に街中に人が増え、密な状態が続いています。

その結果、全国主要都市を中心にさらなる感染再拡大が懸念されてまん防が適用されるまでになりました。

日本では子どもから大人まで外出の際はマスクを着用するという意識はある程度定着してきていますが、まだ無防備な状態で生活をされている方も少なくありません。

かつてのWHOはマスクは症状がなければする必要がないと言われていました。

しかし、現在新型コロナウイルスが発症前の潜伏期間も感染のリスクがあるとわかってきており、マスクをすることで無症状や発症前の羅漢者からの感染リスクを減らすことができるとの見解を発表されています。

そのため、個人レベルで全国民がマスクの着用の徹底を心がけることが重要です。

ただ、なかには体質によりマスクを着用できない人もいるので、そういった方への配慮も大切です。

マスクで肌荒れに悩む女性
マスクがどうしてもつけられない!感染症対策に揺れる事情をもつ人々
感染症対策として、今では外せなくなったマスク。 街行く多くの人のマスク姿は、おなじみの光景となりました。 買い物や食事に行ったときにも、入り口でマスク着用の注意書きを必ず目にしますよね。 しかし、その ...

マスクの効果とは?

では、マスクを着用することによる効果はどの位得られるのでしょうか。

新型コロナウイルスは基本的に飛沫感染によるリスクで感染すると考えられています。

このことから、完全とまではいかないもののマスクというワンクッションを挟むことである程度のツバなどの飛沫が飛び散るのを防ぐことが可能になるのです。

また、マスクには様々な素材がありますが、最も素材として優れているのは不織布マスクと言われています。

不織布マスクの吐出し飛沫量は20%、吸い込み飛沫量が30%に対して、布マスクは吐出し飛沫量が18~34%、吸い込み飛沫量が55~65%、若者を中心に人気のウレタンマスクは吐出し飛沫量50%、吸い込み飛沫量60~70%です。

ウレタンマスクはファッションアイテムとしても人気ではあるのですが、その分飛沫を通しやすくなるのであまり効果がないと考えられています。

できるだけ不織布マスクを心がけ、特に密になりそうな場所へ出かける際は不織布マスクを使うと安心です。

そして密にならずにある程度の一定距離を保てる場であれば、コスパの良い布マスクやウレタンマスクを活用して使い分けると良いでしょう。

密を防ぐために二酸化炭素炭素濃度計の活用

密閉空間や密集場所、密接場面のいずれの条件も揃った時に、新型コロナウイルスで問題となっているクラスターの発生リスクが高まります。

そこで三密はどのような場面でも避けるべきと考えられています。

そのためには人の密を避けるようにすることや間近で会話する場合はマスクを着用し、さらに密閉空間を防ぐには換気を実施することである程度回避することができます。

そして現在、密閉空間を防ぐツールとしてメディアなどでも注目されているのが、二酸化炭素濃度計と呼ばれるものです。

これは空気の質や密状態をあらゆる場で見える化したものです。

私たち人間が吐く息には、二酸化炭素が含まれています。

空気中の二酸化炭素濃度により、その空間の換気状況を知ることができます。

しかし、二酸化炭素は無色透明のため目に見えることはありませんからその場所に二酸化炭素がどれだけ充満しているかは知ることができないのです。

ここで二酸化炭素濃度計を使用することで空間の二酸化炭素濃度を高精度で測定することによって、今二酸化炭素がどれだけ充満している状態か、どれだけ換気が行われておらず、密閉空間の状態かを知ることができるのです。

今後の拡大状況によっては一部地域で二酸化炭素濃度計の義務化が決定する可能性もありますので、各企業や団体では準備を進めておくと安心です。

二酸化炭素濃度計を使って換気をする
なぜ換気に二酸化炭素濃度計(CO2センサー)が必要なのか?
新型コロナウイルス感染防止対策として、2020年11月5日の西村大臣の会見では、換気状態を確認するため二酸化炭素濃度計による計測の必要性が話されました。 これは新型コロナウイルス感染の危険が高まる条件 ...

まとめ

新型コロナウイルスワクチン接種も進んではいますが、それでもまだ全国民への接種には相当な時間が必要となります。

またその効果もいまだ不明瞭な点も多いです。

三密を避け、換気のしっかりできている空間にいるよう心がけること、そしていかなるときもマスクの着用を心がけることで少しでも感染再拡大を防ぐことにつながります。

vease

おすすめ記事

二酸化炭素濃度計おすすめ11選 1
新型コロナ感染症対策として有効な高精度でおすすめの「二酸化炭素濃度計(CO2センサー)」について紹介しています。 新型コロナ感染症(COVID-19)感染の大きな原因としてに空気感染があります。 特に ...
二酸化炭素濃度計の特徴と効果を解説 2
2019年の末から現在まで続く新型コロナウイルスの感染拡大、ワクチンが普及しだしたとはいえ、油断のならない日々が現在も続いています いわゆるクラスターの発生を防止するためには、密接・密集・密閉の「三密 ...
粗悪品CO2センサーの検証 3
二酸化炭素濃度計を利用している人も多いのではないでしょうか。 少し前まではこのような商品を利用する人も少なかったのですが、コロナが原因となって、利用する人が増えてきました。 しかし、5,000円以下の ...

© 2021 cynaps.Inc