二酸化炭素濃度から「密」を地図上にリアルタイム表示 ボールドライトのプラチナマップとhazaviewが連携

店舗等への来訪者自らが三密を効率的に把握し回避できるようにすることで感染拡大を防ぎながらの経済活動再開を支援

 IoTプラットフォームの研究開発を行うcynaps(シナプス)株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岩屋 雄介、以下「cynaps」)が提供する換気アラートシステム「hazaview(ハザビュー)」(https://hazaview.com/)は、ボールドライト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮本 章弘、以下「ボールドライト」)が提供するデジタルマップ・プラットフォーム「プラチナマップ」と連携し、ボールドライトが2020年10月30日(金)より提供開始予定のリアルタイムのCO2濃度見える化サービス「プラチナマップAir」へのデータ提供を開始します。これにより計測デバイス設定施設のリアルタイム換気状況を来訪者が自ら確認し、三密を避けた行動を取ることが可能になります。